こころばの「無声の声」

<   2007年 01月 ( 22 )   > この月の画像一覧

スーパートランプ/クライム・オブ・ザ・センチュリー

ライフログに貼り付けたアルバム紹介も、今回でおしまい。
また新しく貼り付けたらその都度ブログでも解説しようと思う。


SUPERTRAMP/CRIME OF THE CENTURY(スーパートランプ/クライム・オブ・ザ・センチュリー)

スーパートランプ通算3枚目の、大出世作。
1枚目、2枚目がいずれも大コケ、メンバーもリックデイビスとロジャーホジソン以外は既に何回か入れ替わっているという混迷時期。3枚目がダメなら解散という状況だったらしい。

確かに、1枚目と2枚目は、ソングライティング自体は良いのだが、バンド単位での構成が中途半端で、曲の良さを活かしきれてない。故にバンドのセールスポイントがよく理解できない。この時期、70年代の前半は、レッドツェッペリン、キングクリムゾン、イエス、ELP等、凄腕のアーティストがチャートを争っていた事もあるし、リスナーが理解できない中途半端な状態では、そりゃあ大コケにもなるだろう。

その中途半端な部分が3枚目のCRIME OF THE CENTURYで見事に一掃される。
基本はポップロックでありながら、SEやオーケストラを取り入れたプログレッシブでドラマチックな構成が展開される。

オープニング曲Schoolの途中からのインスト部分の疾走感、Rudyのドラマチックな展開、タイトル曲Crime of the centuryのボーカルパートと後に続くインストパートの見事な対比、DreamerやIf everyone was listeningの極上ポップス等、聴きどころがたくさんある。

また、このバンドのセールスポイントのひとつである、リックデイビスとロジャーホジソンのそれぞれの個性もよく活かされている。

ブルージーで渋めのリックデイビス、ハイトーンでポップセンス抜群のロジャーホジソン。
インタビューやクレジットを見ると、1枚目と2枚目の作詞作曲は、完全な共作だった事がわかる。それをCRIME OF THE CENTURYからは個別に作るようにしたのだ。バンドカラーがハッキリしたのはこのお陰だろう。

バンド内で複数の人間がソングライティングを行うとなると、やり方はいくつか考えられる。
お互い持ち寄った作品にお互いが色づけする方法が良いか、お互いのソングライティングには干渉せずにバンドの色としてまとめ上げるか・・・・どちらがベストかはバンドそれぞれで決めるしか無い。スーパートランプの場合はその方法論を思い切って変えた事で大成功したバンドの一例である。

リックとロジャーのそれぞれの個性を活かしながら「スーパートランプというひとつの絵画を完成させる(リックデイビス談)」方法ですっかり自信を得た彼等はこの後ヨーロッパを中心に快進撃を続け、1979年にもうひとつの代表作BREAKFAST IN AMERICAを発表する。

ただ、この方法論にも限界があったらしく「ある人間はこの色、別の人間は別の色で塗ってゆく。絵はいつ完成するのだろうか・・・?ずっと完成しないかもしれない・・・(リックデイビス談)」

それぞれの個性がよりハッキリしてゆくにつれて、バンドの音としてまとめ上げる事が困難になり、FAMOUS LAST WORDSを最後にロジャーホジソンがスーパートランプを脱退する。

ロジャー脱退後のスーパートランプは、リックの個性を活かしたブルージーなR&Bバンドになり、多くの人もそう感じたらしいが、僕の好きなスーパートランプのサウンドやエッセンスが無くなったと感じた。そして、ロジャーホジソンのソロ作にCRIME OF THE CENTURYやスーパートランプが持っていたポップでありながらドラマチックなエッセンスを感じるので、前回も書いたが、僕はそれから先のスーパートランプは聴く気がしない。

by まんぼー
[PR]
by kokoroba_mm | 2007-01-31 21:26 | アーティスト

ロジャーホジソン/Open the Door

元スーパートランプのボーカリスト/ギターリスト。キーボード、作詞作曲もこなす。デビュー当時のスーパートランプではベースもやっていたようなので、マルチアーティストである。

独特のハイボイスである。スーパートランプのオーディションではトラフィックの「ディア・ミスター・ファンタジー」を歌い「僕の、高音ボイスを気に入ってもらったらしい。それでスーパートランプに加入できたのさ。(本人のインタビューより)」

ビッグ・ジェネレイターをリリース後にジョンアンダーソンがイエスを脱退した時、ロジャーホジソンがボーカルになるのでは?とも噂された。実際、イエスのアルバム「TALK」にはトレバーラビンとの共作「THE WALL」が収録されている。当時、トレバーラビンと、アルバムの段階まで曲作りが進行したとも伝えられた事があり、成果は日の目を見ていないものの、かなり相性がよかったようだ。ちなみに、後述するOpen the Doorでは1曲、トレバーラビンが参加している。

スーパートランプは、リックデイビスのブルージーさとロジャーホジソンのポップさのブレンド加減が魅力であり、アレンジはバンドの結束力のお陰、ロジャーがスーパートランプを脱退するまでそう思ってた。ところが同時期に出たロジャー無きスーパートランプのアルバムとロジャーのファーストソロアルバムを聴き比べて驚いた。

スーパートランプは完全に変わってしまった!
ロジャーホジソンがたった独りでスーパートランプを引き継いでしまった!
本当にそう感じた。まぁ、僕がスーパートランプを聴いていて「良いなぁ」と感じる部分は、その殆どがロジャーホジソンの仕事だったって事なんだろう。

そんなわけで僕は、ロジャーホジソン無き後のスーパートランプは、あまり聴く気がしない。



Roger Hodgson/Open the Door(ロジャーホジソン/オープン・ザ・ドア)

このアルバムには「捨て曲」がひとつも無い。全10曲共、素晴らしいソングライティングとアレンジだ。あえてベスト曲を選ぶとなると、オープニングのAlong came Maryかアルバムタイトル曲、というところか。他にも、ロジャー節全開のバラードSay goodbyeも良いし、ポップフレイバーが心地よいThe more I lookも捨てがたい。

ちなみにこのThe more I lookにトレバーラビンがギター、キーボード&コーラスで参加している。クレジットこそロジャーホジソンのみになっているが、前述の「日の目を見ない成果」のうちの1曲らしい。そんな情報がインプットされているせいか、はたまた気のせいか、この曲、「TALK」と同じような音質なんですけど(笑)

ロジャーホジソンの高音ボイスもいまだ健在。ジョンアンダーソンもそうだが、もうそれなりの年齢になっても衰えを見せない高音のボーカルスタイルは驚きだ。


by まんぼー
[PR]
by kokoroba_mm | 2007-01-30 19:56 | アーティスト

バシュティバニヤン(祝来日決定♪)

今朝、色々なサイトにアクセスしていて、偶然、バシュティバニヤンの来日公演がある事を知った。早速東京公演のチケット予約を済ませた。

まさか来日公演(↓)が実現するなんて思わなかった! わぁ~い゚.+:。(ノ^∇^)ノ゚.+:。

http://www.liquidroom.net/front/


Vashti Bunyan/Lookaftering(バシュティバニヤン/ルックアフタリング)
2005年発売、通算2枚目のアルバム。前作「Just Another Diamond Day」からなんと35年ぶりのリリース。(残念ながら「Just Another Diamond Day」がなかなか手に入らない)

とにかく素晴らしい。極上のブリティッシュフォークアルバムだ。
何か目新しい楽器や弾き方がでてくるわけでは無い。リスナーをあっと言わせるような派手なシカケがあるわけでも無い。このアルバムとバシュティは、そういう物とは無縁だ。静かに、静かに、心の奥深くに染み込んで行く。本当に音楽が好きな人なら、きっと宝物にしたくなるだろう。

最近の音楽はソウルフル気味に歌い上げる傾向にあると思う。
それはそれで良いと思うし、全身で歌い上げるようなソウルのスタイルは、エネルギッシュで、聴く人をアツクさせるマジックがある。

ただ、猫も杓子も「エネルギッシュでアツイ」のははっきり言って食傷気味だし、芸が無い。

そういったスタイルだけが音楽では無い事をバシュティの音楽は教えてくれる。

叫ぶだけが音楽じゃない。
アツイだけが音楽じゃない。
目立つだけが音楽じゃない。

静かな中にも、シンプルな中にも音楽はある。


こころばが目指す方向にバシュティバニヤンという素晴らしい目標がいる。


by まんぼー
[PR]
by kokoroba_mm | 2007-01-28 22:52 | アーティスト

サンディーデニー

フェアポートコンベンション最盛期のリードボーカリスト。
レッドツェッペリン4作目の「限りなき戦い」やTHE WHOの「TOMMY」に参加。
ブリティッシュフォーク界の女王、サンディーデニー。

他界(1978年)してからかなり経っているので、未発表曲や未発表バージョンを含めたベスト盤が色々出回っている。それはそれで充分楽しめるし、発表する価値もあると思うのだが、彼女が生前発表したオリジナルアルバムからおススメを。

SANDY DENNY/THE NORTH STAR GRASSMAN AND THE RAVENS
(サンディーデニー/海とわたしのねじれたキャンドル)
彼女のファーストソロアルバム。少し物憂げでかすれ気味のボイスがトラッドフォーク風味たっぷりの伴奏と絶妙にブレンドされて、独特の雰囲気に仕上がっている。
特にタイトル曲のTHE NORTH STAR GRASSMAN AND THE RAVENSが絶品♪
うらぶれた波止場を想像させるSEに絡んでフェイドインしてくるフルートオルガンにサンディーの物憂げな歌声が被さる。見事な構成であり、僕は、数あるブリティッシュフォークソングの中でも屈指の名曲に推したい。

他にも
オリジナル曲のLATE NOVENBER、JOHN THE GUN
ボブディランのカバー曲DOWN IN THE FLOOD
トラッドのBLACK WATER SIDE
が、個人的な好み。

アルバム全体をサポートする楽器隊は基本的にフォザリンゲイ+リチャードトンプソンという布陣だが、特にリチャードの好サポートが素晴らしい。

このアルバム以降の作品は次第にポップスに傾倒してゆき、英国風味も少しずつ薄れる。どこかで「アメリカ」を意識していたんじゃないかとも感じる。
もしもサンディーが健在だったら、(現実には遺作となった)「ランデブー」以降は、おそらく、サンディー風R&Bやスタンダードも取り入れたのだろう。
でも僕はサンディーの英国風味たっぷりのスタイルが大好き。
ジャズやポップスを歌うサンディーも好きだが、どこかにブリティッシュフォークの香りがするサンディーに魅力を感じるのだ。

彼女の独特な歌いまわし、独特の雰囲気は明らかに英国産であり、
だからこそ、このTHE NORTH STAR GRASSMAN AND THE RAVENSは独特の輝きがある。


by まんぼー
[PR]
by kokoroba_mm | 2007-01-27 21:50 | アーティスト

ジョンにストーンズに色々小ネタを

楽しみにしていたジョンアンダーソンの「アニメーション」が発売延期になった。
知らなかったので、今日発売と思い、喜び勇んでディスクユニオンに行ったら「すみません、延期になりました・・・・」いつになるのか聞いたら「ちょっとわかりませんねぇ」と。
で、帰って来てHPを再チェックしたら「2月23日予定」になっていた。おーい!店員さんってば!思いっきり日付入ってるじゃないですかぁ!あ、でも「予定」ですか・・・・^_^;





ネットでこんなニュース発見↓

R・ストーンズが音楽界の稼ぎ頭=フォーブス誌の06年長者番付 [ 01月26日 15時15分 ] AFP=時事

【ニューヨーク25日】米経済誌フォーブス最新号が発表した音楽界の2006年の長者番付で、英ロックグループのローリング・ストーンズが1億5060万ドルで第1位となった。ローリング・ストーンズは現在、アルバムはそんなに売れていないが、ツアー公演で稼いだ。
同誌によると、ストーンズはツアー公演で昨年、1億3850万ドルを稼ぎ出した。同紙は、インターネット時代となり、アルバムなどの売れ行きは落ちており、バンドや歌手の多くはツアー公演など生のステージからの収入が増えていると指摘している。
 2位はカントリー歌手のティム・マックグロー、フェイス・ヒル夫妻で1億3200万ドル、3位もカントリートリオのラスカル・フラッツで1億1050万ドル。マドンナが9680万ドルの4位で続いている。
 5位は、全米で20の公演を行ったバーブラ・ストライサンドで9580万ドル、以下、ケニー・チェズニー(9010万ドル)、カナダのポップ歌手セリーヌ・ディオン(8520万ドル)、ロックバンドのボンジョビ(7750万ドル)、カナダのロックグループ、ニッケルバック(7410万ドル)などとなっている。


さすがストーンズ!稼ぎ方がハンパじゃないなぁ(@_@;)

個人的な感想だけど、バーブラ・ストライザンドが5位に食い込むとは、意外。セリーヌ・ディオンやボンジョビの上にランクイン!まぁ、この辺は、ただ日本から見ている情報と現実との違いなんだろうなぁ。今でも全米20公演出来る実力、今でも聴きに来る耳の肥えたオーディエンス、どちらも素晴らしいです♪

で、同じ欄の芸能ニュース(日本)の目次・・・・

・江原啓之と細木数子のバトルが勃発か
・パッとしない中森明菜にたったひとつの光明
・一青窈が不倫!?
・あの人は今こうしている 吉田三奈


・・・・ノーコメントです・・・・・

by まんぼー
[PR]
by kokoroba_mm | 2007-01-26 20:19 | その他

bonchanが

今日から某音楽教室のリズムトレーニングコースに通い始めた。
打楽器系が好きで、楽器屋ではよくパーカッションをポコポコ叩いていたけどね(笑)

とても楽しかったらしく、勢いに乗ったbonchanは、帰りに行きつけの楽器屋でパーカッションマガジンとボンゴを買った。買ってからも「(レッスン)楽しかった」「(ボンゴ)嬉しい」を連発してた。

「楽しい」っていうのは、音楽の基本だと思う。
自分(達)が楽しめないのに、ライブをやってお客さんを楽しませる事なんてできないから。
どんなジャンルをやるにせよ、まずは自分(達)が楽しくなくちゃ、ね。

bonchan、ボンゴが上達したらこころばのステージで披露してね(^^♪



by まんぼー
[PR]
by kokoroba_mm | 2007-01-26 00:03 | その他

イエス/ジョンアンダーソン

先日ライフログにいくつかお気に入りの作品をアップしたら、なんだかレビューも書いておきたくなった。

☆YES/CLOSE TO THE EDGE(イエス/危機)
「サードアルバム」も「こわれもの」も「ロンリーハート(90125)」も素晴らしい。でも僕にとっては「危機」がイエスの最高傑作だ。
ここでのジョンアンダーソンのボーカルは、複雑に絡み合いながらうねる楽器隊のパワーに負けない、素晴らしいハイトーンボイスで、10数分に及ぶタイトル曲の「危機」、牧歌的な「同志」、躍動感が見事な「シベリアンカートゥル」を飽きさせずに聴かせる。

ファーストアルバムとセカンドアルバムのジョンの声は、個性的ではあるが、まだ声に抜けが無い。高音に多少不安定な部分もある。ところがサードアルバムでいきなり、クリアで抜けの良いハイトーンボイスに変身している。何があったのかはもちろんわからないが、ファースト~セカンドの時の声では、「サードアルバム」以降の作品の完成度は低かっただろうし、「危機」もこれだけの評価も受けなかったと思う。ジョンのボイスはそれぐらいにイエスに重要な要素なのだ。


☆Jon Anderson/THE PROMISE RING(ジョンアンダーソン/プロミスリング)
ジョンの数あるソロワークスの中でも、僕はこれが一番のお気に入り。
在米ケルト楽団とのコラボレーション。全曲オリジナルではあるが、トラッドのエッセンスをうまくブレンドしている。アルバム全体のアコースティックの音色は時に躍らせ時に癒す。極端な派手さは無いものの、見事な構成に仕上がっている。安心して聴く事ができる。


イエスをやってもヴァンゲリスと組んでもトラッド風音楽やっても個性を失う事無くジョンアンダーソンはその魅力あるハイトーンボイスを披露する。素晴らしいです♪

by まんぼー
[PR]
by kokoroba_mm | 2007-01-24 23:24 | アーティスト

こころばのボランティア活動

今年の活動目標のひとつ。

どこからアプローチすればいいのかよくわからず、しばらく悩んでいたら、正に「渡りに船」♪
地元のボランティア団体の募集告知を偶然読んで、早速連絡した。

登録用の資料を書かなくてはならないそうで、今は団体からの郵送待ち(^^♪

実際にやってみて色々勉強させてもらおうと思う。

要領がわかったら、すこしずつ活動地域を拡げるつもり。



by まんぼー
[PR]
by kokoroba_mm | 2007-01-23 19:18 | 活動

納豆騒動も

テレビ局の責任問題追求とか、発注し過ぎた分は捨てるんだろうか?とか、色々気になるが、とりあえず、納豆コーナーが以前の平静さを取り戻したようなので、よかったよかった。

そんなわけで今夜、久しぶりに納豆を食べた(^^♪

せっかくだったので、bonchanが知り合いから教わったという食べ方にトライした!
☆熱いごはんにバターを(学校で出たキューブくらい)溶かす。
☆バターを溶かしてる間に納豆をまぜる。
☆納豆に付いてるダシと、タマゴ一個をまぜる。
☆熱いごはんにかけて出来上がり!!

・・・・おいしい・・・・おいしいっすよぉ!!


ご飯はこうやって感動しながら食べたいものである。
bonchanみたいに医者の指導が入ってるなら別だが、そんなにダイエットばっかり気にしてて、食べることに素直に感動できるのだろうか、と思う。



いわゆるダイエット体験談を色々見てみても、1kg痩せたとか2kg減量成功とか、凄いのになると「今日は500gの減量に成功!」とかある(爆)

その程度で喜ぶのって、どうなんだろう?

よっぽど自分の内面に自信が無くて、見た目でカバーしたいんだろうね。



雑誌は、タイムラグの為に、まだ「納豆ダイエット」の記事を載せた物がチラホラ残っている。

見てみると「納豆ダイエット」だけを載せた本は無く、「テレビで大絶賛された納豆ダイエット」とは書かれているが、他のダイエット記事もいくつか載せていた。

テレビの影響力の凄さを感じた。
それと、いかに無思慮に、群集が納豆争奪戦に邁進したか、改めて考え、怖くなった。
海の向こうには、いますぐの食料さえ口に出来ずに餓死する人間がたくさんいるのに、納豆でこんなに大騒ぎしてしまう日本人がなんか情けなくも感じた。

紅茶きのこ
スキムミルク
寒天
そして、今回の納豆

次に餌食になる哀れな食材はなんだろう?

いや、もう今回でおしまいにしてほしいんだけど・・・・・


by まんぼー
[PR]
by kokoroba_mm | 2007-01-22 23:02 | その他

やっとCDで発売♪

敬愛するイエスのボーカリスト、ジョンアンダーソンが80年代はじめに発表したソロアルバム「アニメーション」がやっとCDでリリースされるようだ。

http://diskunion.net/progre/detail.php?goods_id=ARC7190

この作品だけは全く聴いた事が無いので、ホント、楽しみ(^^♪


CDでリリースされてないと言えば、元フリートウッドマックの名プレイヤー、リンジーバッキンガムが、マック在籍時に発表したソロ2作品(ロー&オーダー ゴー・インセイン)も是非CDリリースしてほしいと思う。最近、なんと14年ぶり(!)にアルバムをリリースしたらしいから、そっちも早く買ってこようと思ってるのだが。

しかし、十数年ぶりでもちゃんと聴いてくれる人がいる環境は、凄く羨ましい。
リンジーバッキンガム、ロジャーホジソン、バシュティバニヤン・・・・・
向こうの人達は、音楽の聴き方や楽しみ方を、ぼくら日本人なんかよりよっぽど知っているなぁ、と感じる。



あ。そういえば、キャロルキングの「ONE TO ONE」は絶対CDになってないだろうなぁと思ってたら、しっかりCDリリースされていた。迷わず買った。

ハタチの頃、レコードショップへ「つづれおり」を買いにいったのだが、あいにく置いてなくて、代わりに買ったのがこの「ONE TO ONE」だったから、思い出深いんですよ、この作品は。

リリース当時の売り上げはドツボだったらしいが、僕は今でも大好きな一枚♪


by まんぼー
[PR]
by kokoroba_mm | 2007-01-21 21:27 | アーティスト



日々の想いを言葉に代えて
カテゴリ
全体
活動

ライブ情報
ライブレビュー
アーティスト
Miiya cafe
夢のバンド編成
詩と言葉
こころば詩集(癒しと和み編)
こころば詩集(私信編)
ブックレビュー
こころ
mixi日記より
ワンニャン
その他
以前の記事
フォロー中のブログ
こころばライブ情報
次回ライブは調整中です(^^)
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧