こころばの「無声の声」

<   2006年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧

山登りに例えてみました

ひとつの山を、それぞれ南と北から、頂上へ登るとする。

ココさんは南から、快晴の、なだらかな山道を。
ロバさんは北から、雷雨で、険しい、岩ばかりの絶壁を。

やがてふたりは頂上へ。

ココさんはロバさんが「なんて険しい山だ!もう登るのイヤだ!」と言うのを不思議に思う。
ロバさんはココさんが「気持ちよかった♪また登りたいなぁ♪」と言うのを不思議に思う。

でも地図やお天気情報があれば、ココさんはロバさんの、ロバさんはココさんの言う事に納得できる。少なくとも「あぁ、彼はそういう道を通って頂上に来たんだね」とお互いわかるだろう。

これを、毎日の生活に置き換えて考える。

「なんで僕の考えがわからない!?」「あいつは独特の考えを持つ「変な奴」だ!」
「あいつひとり、僕らとやり方が違う(故に仲間外れにするべし!)」「このやり方が絶対なの!」
「あいつはホントにグズだよなぁ。まだあんな考えをしている。」.......etc

お互い「人生」という山を一生懸命登っているのに、南から登ろうが北から登ろうが、いつどれだけ登ろうが、山登りに変わりは無いのに、人は何故、他人をこんなに簡単に、非難したり軽蔑したり、ひどい時には殺人までしてしまうのだろう?

この続きは、読んでくれた方の自問自答という事で。

by まんぼー
[PR]
by kokoroba_mm | 2006-09-26 22:07 | こころ

気のせいかな・・・・

特に最近になってからなのだが、「普通」っていう言葉に疑問を持つようになった。

街中の喧騒が日に日に大きくなっているせいだろうか、人々の会話が、大声でまくし立てて、まるで喧嘩しているように聞こえる。

「いや、「普通」に会話している」って言われるかもしれないけど・・・・・


そんな中で日々暮らしているせいだろうか、お母さん達の、子供に対する接し方が、せかせかしていて、命令口調で、本当に子供を愛しているんだろうかって思う時がある。


「いや、「普通」に子育てしている」って言われるかもしれないけど・・・・・


前にも書いたが、「言葉は自分自身を映す鏡」と感じている。

ほんとうにこれが「普通」で良いのかな・・・・
僕の考えすぎだろうか・・・・
でも、この国の行く末がちょっと心配。

by まんぼー
[PR]
by kokoroba_mm | 2006-09-25 21:12 | こころ

SIXTROTライブに行って来た♪

ジェネシストリビュートバンド、SIXTROTのライブにまんぼーさんと四ッ谷アウトブレイクまで行って来た。
対バンが2バンドあったけど、体調をちょっと崩してるので帰って来た。(2バンドの方々ごめんなさい)

SIXTROTのライブ観戦は約1年振り。
今回のライブは、バンドメンバーの気合いが強く伝わって来た。途中感動で泣きそうになったくらい(^^ゞ

楽しかったし、音、コーラスがまとまってて気持ち良かった♪
久々に身体の奥の方から「頑張ろう!」と燃える物がっ(笑)

SIXTROTの皆さんありがとうございました(*^^*)

気持ち良かった~♪


by bonchan
[PR]
by kokoroba_mm | 2006-09-24 21:24 | ライブ情報

新しいギターが来ると

本当に、この歳になってもワクワクする(笑)今日、エレガット(アンプに繋げられるクラシックギター)を買った。前々から「こころばに必要な音だ」と感じていたのだが、手にフィットする物がなかなか見つからず、今までにおそらく10本ぐらい試奏したと思うが、やっと納得できる物を見つけたのだo(^-^)o お披露目は10月の荻窪ライブにて。それまでずっと弾きまくっておきますから♪(笑)  by まんぼー
[PR]
by kokoroba_mm | 2006-09-23 23:20 |

幸福論

巷には「幸せとはなんぞや?」と説く本が、これでもかっ!、というくらいに存在している。趣味に生活に仕事に宗教に心理学に…。これだけあるのに、よく内容が重ならないなぁ、と(笑)。内容が重ならないという事は、「幸せという物にマニュアルは無く、結局は、自分のこころが安らぐ時間があれば、それが自分にとっての幸せなんだろうな」と思う。僕の場合は、こころばの活動、特にライブ演奏中o(^-^)o  by まんぼー
[PR]
by kokoroba_mm | 2006-09-15 06:09 | こころ

無題

男の人、女の人、背の高い人、低い人、朗らかな人、おとなしい人、せっかちな人、ノンビリな人、健康な人、怪我をしてる人、目や耳の不自由な人…人って様々。でも人がひとり残らず必ず持ってる物が3つある。生と死と、そして、こころ。 by まんぼー
[PR]
by kokoroba_mm | 2006-09-13 20:02 | こころ

DVD映像(その2)

9月青梅ライブのDVD映像が届いた。早速bonchanと一緒にチェック。
リハや7月のライブDVDを見ながらの意見交換の成果が良い方向に出ている。
完璧な理想通りのステージでは無いが、まずは安心して観ていただける内容に仕上がっている。

映像をチェックしながら、暫しの間色々な想いが頭の中を駆け巡る・・・・・・

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


「10年ひと昔」という格言がある。

10年前の1996年頃って、どんな音楽活動してたっけ?

ASLANとRhymer(英国系トラッドフォークデュオ)だったなぁ

オリジナルもやりたいって思うようになった頃だ。

若い頃にちょこっと作ったきりだったし。

でも何をどうやって良いのかまるで分からなかった。

英語詩を書いてみたり、打ち込みをやったり、試行錯誤の連続で、でもよっぽど自信が無かったのだろう、オリジナルライブのつもりがそのほとんどがカバー曲だった(笑)

まさか今になって、1ステージの最初から最後までオリジナル曲で構成出来るようになるとはね。

「継続は力なり」ってこういう事を言うんだなぁ・・・・・・

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

最近、ハッキリと自覚しはじめた事。
bonchanも「そうだね♪」と励ましてくれた事。

カバー曲を上手く演奏する事を考える時間があるなら、下手でも不器用でもなんでも良いからオリジナル曲を、自分の中から出てくる何かを、詩や歌にしてゆこう!!

その方がよっぽど自分らしいし、こころばらしい。


by まんぼー
[PR]
by kokoroba_mm | 2006-09-11 00:02 | その他

定期的なライブ(その2)

定期的なライブを継続するために、次回ライブの打ち合わせやリハをやりながら、次々回あたりの会場を探すようになった。

今は12月のライブ会場を多摩地区で探している。

目星付けた店に入ると、まんぼーさんは「うん、ここで良いんじゃない?」
さすが魚座O型(笑)

しかし牡牛座A型のbonchanがそれを許さない(笑)

果たして、無事に会場は決定するのかっ?(笑)

今日は2件訪問して、そのうちの1件がbonchanのお眼鏡に叶ったようだ(笑)
あと数件を見てみて、最終的に決定する予定。

by まんぼー

~~~~~~~~~~

↑の書き方だと、私がかなり我侭のような(笑)

私は、駅からの利便性や、店の雰囲気、食べ物や飲み物が美味しいかで決めている。
やはり食べ物は重要(笑)

あとは動物的直感(笑)
どんなに店の雰囲気や店員さんが感じ良くても「??????」と思ったら、さよーならー(おいおい)←やっぱりわがまま(^^;

でもこの勘はかなり働いていて、今まであまり外れた事は無い…かも…(笑)


ちなみに、今日行って気に入ったお店は食べ物も飲み物も文句なし♪

by bonchan
[PR]
by kokoroba_mm | 2006-09-09 20:40 | 活動

Spirited Harp / 生山早弥香

大分県の湯布院を拠点に演奏活動を続ける、生山早弥香さんのファーストアルバム。
アイルランドで学んだというその腕前は、安定感と品格があり、特にこれからの季節、秋の夜長にオススメ♪

パンチ録音(1曲のみ多重録音有り)やノイズ削除一切無しというライブ感覚重視の音作りは、演奏者の息遣いや雰囲気がわかり、実力の有無までハッキリ出るから、手強い録り方ではあるが、彼女の場合は正解。

今後もおそらくアルバム製作は続けると思うが、以下は、こういう品のあるアルバム、音楽を大切にする者より注文(笑)

年齢を重ねていけば自然に出てくる事ではあるが、今後は「生山早弥香の音」を今まで以上に追求してほしいと思う。
アルバム全体はとても素晴らしい仕上がりになっているが、曲の良さに助けられている部分が多少見受けられるからだ。

今回のアルバムで演奏したジブリ物やカロランの曲は多くの人が知っているため、曲の構成を練りに練って個性を充分に引き出さないと「あぁ、これ、良い曲だよねぇ」で終わってしまうかも。それはとてももったいないと思う。せっかく素晴らしい腕前があるのだから。
もちろん全力投球のレコーディングであった事は理解するが、個性の引き出し方に「あぁ、惜しいなぁ!」と思える部分がある。

例えば、ジューンテイバーも、作品は全てカバーだが、彼女の曲彼女の歌として聴くことができるのは、練りに練ったであろう構成と彼女の確固たる個性があるからだ。

こういう技は一夜漬けでできるものでは無く、日々精進するしか無いのだが、生山さんなら必ず出来ると期待している。ファーストアルバムで、これだけ次の活動や作品を期待させてくれたアーティストなのだから。

☆生山早弥香さんのホームページは、こころばリンク集/花信からアクセスできますが、直接アクセスしたい方は下記ご参照ください。

http://www.tambourine-japan.com/spiritedharp_001.htm

by まんぼー
[PR]
by kokoroba_mm | 2006-09-08 00:05 | アーティスト

定期的なライブ

知り合いの音楽仲間の話では、こころばはかなり精力的に活動をしている、との事。精力的かどうか、当の本人達に自覚がまるで無い(笑)でも曲を作る上で良い刺激になっているのは確かだ。毎ステージ同じような演奏メニューではつまらないし、ステージ毎に新曲が増える方がやはり楽しい。これから先、どんな曲ができるか、お楽しみに♪ by まんぼー
[PR]
by kokoroba_mm | 2006-09-06 21:38 | 活動



日々の想いを言葉に代えて
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
こころばライブ情報
次回ライブは調整中です(^^)
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧