こころばの「無声の声」

カテゴリ:こころ( 58 )

介護ボランティア

オススメです。

ヘルパーや介護士の資格を取って本格的に働くのも良いですが、
それより是非ボランティアで体験してみてください。
きっと人生観に良い変化が芽生えるはずです。

今週、高齢者介護の研修に参加しています。

デイケア、訪問介護、特別養護老人ホームと、色々な施設に伺っています。

とある認知症の利用者さんに声かけをさせてもらいました。
時折頷いたり目線をこちらにゆっくりと合わせてくる程度で、
お話は一切ありません。

声かけさせてもらって10分ぐらい経過したでしょうか、
やっと利用者さんがお話しを始めました。

「私…どうしてここにいるのか、なにをしているのか、わからないんです…」
「みなさん(職員/別室にて介助の支度中)部屋からいなくなっちゃったの…?
あなたもいなくなっちゃうんでしょ…?」

その繰り返しでした。

参加する前に「講座で学習したぐらいでは、現場に立っても何の役にも立たないよ」と
講師の方が言われていた意味がよくわかりました。

座学で習った「傾聴の基本」なんて、本当にもう関係無くなります。
ただただ必死で利用者さんのお心を察し、受け止めることだけで、精一杯でした。

例え認知症でも知的障害でも身体障害でも、人は誰でも精一杯今日を生きて、
自分の「存在」を訴えているんです。

訴えが伝わりにくい分、健常者とは比べ物にならないぐらい必死になって
心が訴えているんです。

今週一週間、「生」の生々しさをたくさん目の当たりにし、
また色々と考えさせられることがありました。

利用者さんから教えて頂いたこともたくさんありました。

正式なお仕事の道としての「お試し版」の意味合いも、今回あったのですが、
傾聴ボランティアに深く関わってみようかなという思いがとても強くなっています。


by まんぼー
[PR]
by kokoroba_mm | 2009-12-11 01:09 | こころ

それでも「お化け」を信じない訳は

前回のブログの続きです。

まず最初に

幽霊/お化けの存在を信じている人。スルーをオススメします。

これからする話は、まんぼー独自の言わば「自分勝手な推論」なので、
一般論として通りそうな話を期待されている人。
やはりスルーをオススメします。

あ、あと、長文が苦手な人もスルーをオススメします。

それと、今回と前回のブログは以前書いたmixi日記に加筆、修整を加えました。








では、はじめます。












前回のブログに書きましたが、僕はいわゆる「夢枕」を体験しています。
なので、幽霊/お化けの存在を信じていそうですが、全く信じてません。

正確に書くと「夢枕の頃は存在を信じていて、それからだんだん信じなくなって、
今は「いない」と確信している」のです。

ここに辿り着くまでに色んな人と出会い色んな書物を読みました。
宗教関係、哲学関係、心理学関係、物理/天文学関係…etc.

なんか、こう列挙すると、僕が大変な勉強家に思えてきますが、全く違います(笑)幼い頃からの体験が積み重なって「生きるって、命ってなんだろう?」という命題のような物が自分の中に芽生えて、それを解決させるために、ほとんど直感で本を選んだり人に逢ったりしただけのことです。「広く浅く」という感じです。

その「広く浅く」の中で「これは納得/共感できる話だな」という物と、自分自身の人生経験から「これはこうだろう」という物をミックスすると、以下のような話になります。書き方は断定形ですが、あくまで推論です。

結論から言うと、「幽霊/お化けは存在しない。ただし、幻覚/幻聴の延長で誤認してしまうことが有り得る」ということです。

幽霊/お化けは存在しないと何度も書いていますが、人間が生きるための根源としての「魂」はあります。ただし、いわゆる「霊魂」では無く、純粋に科学/物理的エネルギーとしてです。(紛らわしいので、今後は「生体エネルギー」と仮称します。)

この生体エネルギーが体内(おそらく脳内)にあって、はじめて人間は「生」の状態になります。そして、人間が死ぬと生体エネルギーは肉体の外へ放出されます。(例えは変かもしれませんが、ちょうど、マジンガーZとパイルダー号の関係に似ています。パイルダー号が接続されている状態でマジンガーZは動きます。接続が解除されるとマジンガーZは一切動かなくなります。)

この生体エネルギーが放出される時に、時として他人の脳内に進入(おそらくは偶然に)して影響を及ぼすことがあります。(これも例えて言うなら、多量の放射能が人体に進入して健康を害するプロセスと基本的には同じです。放射能自身が意図的に人体に進入することは有り得ません。進む途中にたまたま人体があるのです。)

さて、脳は、一見完璧な万能コンピュータですが、記憶されていないもの、つまりその人間が遭遇したことの無いケースには対応できません。脳ができることは「記憶されている中で一番妥当な物を選び、適当な神経に命令を送る」ことです。遭遇したことの無いケース、記憶に無いケースでは、緊急対応として記憶の中で一番妥当だと判断した物を選ぶか、パニックとして人体で表現するかのどちらかです。

(ちなみに例えば「後姿を見て友達だと思ったので挨拶したら、全く知らない人だった」というケースは、正に「記憶されている中で一番妥当な物を選んだ」結果です。「全く知らない人」の記憶が無いので、「記憶の中で、今見た後姿に一番妥当なのは、「友達(の、後姿)だ」」と脳内で判断され、そのあとは、長くなるので簡単に言うと「友達だから挨拶をせよ」という命令が神経を通じて伝わったのです。更に言うなら、おそらくそれから先は「友達か知らない人か判断してから挨拶する」という記憶が加わるでしょう(笑))


今、ある人間の脳へ別の人間(既に故人)の生体エネルギーが進入してきたとします。知り合いだった人間の生体エネルギーであれば、記憶中枢から彼の思い出を引き出して視覚化/聴覚化に変換するように脳に作用します。全く面識が無かった人間の生体エネルギーであれば、記憶の中で「これが一番妥当であろう」という物を判断させてから視覚化/聴覚化に変換するように脳に作用します。

このプロセスを現在の人間と脳内の記憶中枢は全く知りません(未体験)から、この視覚化/聴覚化された物を実際に見たり聴いたりした時に、再び脳内で「記憶の中で一番妥当だと判断した物を選ぶ」作業が行われ、結果「私は霊/お化けを見た(聴いた)」になるのです。

だから「記憶の中で一番妥当な物」が「霊/お化けなんて存在しない(と、今までの人生で学んだ)」という結果である人なら「今見たものは霊やお化けじゃなくて云々」というケースもあり得ます。(僕はこのタイプですね)

以上、まんぼーさんの勝手な推論でした(笑)


by まんぼー
[PR]
by kokoroba_mm | 2009-07-08 19:26 | こころ

夏の風物詩と統合失調症

いや~!ほとんど夏の陽気ですね~!暑い~(>_<)

夏と言えば必ずあるのが、お化け/幽霊の話ですね。

で、今年の幽霊ネタは、やっぱりこの人ですか・・・
(ネタにするの早過ぎって気がしないでもないのですが・・・)

マイケル・ジャクソン!

ウチの職場でも、休み時間にキャーキャー言いながら話題にしている人達がいて、「恐~い!」とか言いつつも盛り上がってました。

まぁ、話題にすることを云々しようとは思いませんが、幽霊が本当に存在するかしないかを完全実証できていないこの時代に、このテの話題で「盛り上がる」というのが、ちょいと紐解いてみた程度で申し訳ありませんが、カウンセリングを勉強した身としては、なんか引っかかるんですよ…

統合失調症という「心(脳)の病」があります。
要は脳のコントロール(統合)が出来ない(失調)というケースです。
主な症状は幻覚、幻聴、(被害)妄想、です。

つまり、他人にとってはそこに存在していないものを「存在している!」とか「聴こえている!」と言い切るんです。

で、僕は、「幽霊話」、正常な認識力を持った人間でも、こういう話題で盛り上がって、度を越えた盛り上がり度と恐怖感で感情のコントロールが出来なくなるケース、つまりは統合失調症の「入り口」に立つような危険性もあるのではないかなぁ、と、ハッキリ言って僕の勝手な直感なのですが、感じるのです。

統合失調症をはじめとする「心の病」は、遺伝とか衝撃的な体験(特に暴力行為)とか発症原因をいくつか指摘されているものの、本当の決定打、「これこそが原因だ!」というものについてはまだ詳しく解明されていないのが現状です。なので、せめて感情のコントロールを普段から心掛けておくのが、とても大切なことだと思いますよ(^^)

ちなみに、僕、いわゆる「夢枕」を体験しています。
でも、「幽霊/お化け」については、懐疑的な立場です。
何故か…?
まぁ、明日にでも書いてみますね。


by まんぼー
[PR]
by kokoroba_mm | 2009-07-07 20:52 | こころ

夢や希望の叶え方

…って、そんな偉そうな書き方しなくてもいいのに…
>自分(笑)

心理学/ヒーリング/「あなたの夢叶えます」系方面では、ほぼスタンダードな説かと思いますが、夢や希望を実現させるためには、自分(達)がどういう状況になれば最高なのかを具体的に文章にしてみたり、強くイメージしてみるのが効果的なんだそうです。

文章やイメージが苦手なら、画用紙とクレヨンを使って描いて、
いつでも見る事のできる場所に置くのも効果的だとか。

で、僕も「夢」を早速描いて、部屋の目立つところに貼り付けてみました。

お~!なるほど、なるほど♪なんだかワクワクしてきました~(^^)
きっと僕の「夢」は叶います(*^^)v



ちなみに、こういうやり方でモチベーションを上げてトップに辿り着いたと思われる有名人の一人に、アンジェラ・アキさんがいます。

彼女は、まだ売れてない頃(アマチュア時代?)、とあるアーティストの武道館ライブを観に行って、そのチケットのアーティスト名を「アンジェラ・アキ」と書き換えて、自宅のいつも見える場所に貼り付けて、毎日眺めたそうですよ。

そして、こんな素晴らしい効果が!




あとは、とある本の抜粋ですが、こんなデータも。

バスケット選手を3組に分けて、フリースローの得点率を検証します。
実験期間は20日です。

すると…

「フリースローの練習」をした組→得点率24%向上
「イメージトレーニングだけ」をした組→得点率23%向上
「何もしない」組→変化ナシ




イメージトレーニングを上手に取り入れて、是非とも「夢」を現実のものにしたいと思ったのでした(*^_^*)


by まんぼー
[PR]
by kokoroba_mm | 2009-05-13 22:00 | こころ

今日も生きる

雲ひとつ無い空
雲ひとつ無い都会の空
真っ青だけどどこか煤けているんだろうなぁ
真っ青だけど真っ青じゃないんだろうなぁ

僕はこんな空しか見たことが無い
本物の空を知らない

それでも空を見てると気持ちが昂ぶる

胸の奥に何か真っ赤なものがうまれて「生きよう」って気持ちになる
何故かわからないけど叫びたいぐらいに嬉しくなる

さぁ、今日も胸の奥に青空を映しながら生きよう


by まんぼー
[PR]
by kokoroba_mm | 2008-11-06 23:08 | こころ

人生の「つまづき」

君は、一歩歩いて躓いた。

でも僕は、躓いたことを責めないよ。

僕は、君が一歩歩いたことを誉めたい。

一歩進んで躓いたのなら、それでいいじゃないか。



by まんぼー
[PR]
by kokoroba_mm | 2008-10-23 01:54 | こころ

感謝♪

7月も明日で終わり。
私にとってこの1ヶ月は凄い変化の月だった。

色々な方との出会い、今のバイトを辞める決断。
一番変わったのは、自分と真っ向から向き合えた事。
いつもこころの中でケンカしてた2つの気持ちが、全部自分と受け入れられて和解できた。

そうしたら色々な見方が変わった。
そして感謝の気持ちがこころの奥深いところから湧き上がってきた。

ありがとうございます(*^_^*)


あ、宗教ではないので。

by bonchan
[PR]
by kokoroba_mm | 2008-07-30 13:36 | こころ

静と動

思想の世界ではよく登場する考えだが、
僕は、世の中というのは「ふたつでひとつ」なのだと思っている。

陰と陽
昼と夜
男と女
生と死
プラスとマイナス

そして

静と動

僕ら人間の営みから「静」がほとんど無くなっているような気がする。

情報も人の動きも、そして、音楽さえも、全てが「動」で成り立ってしまっているような気が…

少なくとも「静」は隅に追いやられてると感じているし、日本人には「静」に対する美意識が、文化として受け継がれてきたはずなのに、どこへ捨ててしまったのだろうか。

人間世界は、今の日本人は、バランス悪過ぎ…
はぁ、疲れる…(^_^;)


by まんぼー
[PR]
by kokoroba_mm | 2008-03-03 20:38 | こころ

じっくり待つ

人生にはとても大事な事。

でも、じっくり待ちすぎて、どれだけ多くの物を逃がした事か。

これから先も、こんな事の繰り返しだろうか。

やっぱり、この世は、良い意味でも悪い意味でも「オイシイところを素早くゲットした奴の勝ち」だろうか。

ちょっと混乱気味。


by まんぼー
[PR]
by kokoroba_mm | 2008-02-17 20:22 | こころ

自分の中での素朴な疑問

「人」と「言葉」は、進化しているのか、退化しているのか・・・

街を歩いていて、テレビを見ていて、普段の生活の中で、いつも感じる、
自分の中での素朴な疑問。



by まんぼー
[PR]
by kokoroba_mm | 2007-11-12 19:05 | こころ



日々の想いを言葉に代えて
カテゴリ
全体
活動

ライブ情報
ライブレビュー
アーティスト
Miiya cafe
夢のバンド編成
詩と言葉
こころば詩集(癒しと和み編)
こころば詩集(私信編)
ブックレビュー
こころ
mixi日記より
ワンニャン
その他
以前の記事
フォロー中のブログ
こころばライブ情報
次回ライブは調整中です(^^)
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧